2013年12月12日

あつぎ素敵美術館inぼうさいの丘 3

 写真はクリックで大きくなります
 12月12日 
 
素敵美術館をつくる会の活動で設置された作品の紹介をもう少し続けます。

P1060404 (1024x768)[1].jpg
「昇」森岡慎也
P1060489 (1024x683)[2].jpg

P1060492 (1024x683)[1].jpg

『空へ」肱元伸

saito.jpg

「revolution 」 斎藤貴子

P1050865 (1024x577)[2].jpg

設置作業は長期にわたりました。
市との恊働事業とはいえ、hijimon さんを中心に、仕事をなげうってボランテイアで設置活動を続けた数人の会員の皆さんのがんばりで実現した彫刻の公園です。
虹はなんと象徴的でしょう!




posted by EIKO at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アトリエ歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月07日

あつぎ素敵美術館inぼうさいの丘 2

12月7日

公園に「すてき美術館を作る会」の手で設置された作品のいくつかをもう少し紹介します。

zenbei.jpg
アトリエの作家「zenbei]さんの作品。
「球=888」善兵衛

公園の小道にいて、存在感が有る。
ホンコマツ石にくりぬいた空間が公園の秋を切り取っています。

kouen.jpg

公園の秋は今が最終章というところです。

takahashi.jpg

高橋さんのスピリチャルな作品は公園を散策する人々が、ギョッとして足を止める。
イタリア在住の時期に目にした祈りを捧げる修道像の姿と、故郷を襲った大震災空野復興を目指す人々への祈り
を重ねていると作者が語っています、


posted by EIKO at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | アトリエ歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あつぎ素敵美術館inぼうさいの丘 2

12月7日

公園に「あつぎ素敵美術館を作る会」の手で設置された作品のいくつかをもう少し紹介します。

zenbei.jpg
アトリエの作家「zenbei]さんの作品。

公演の小道にいて、存在感が有る。

kouen.jpg

公演の秋は今が最終章です。
takahashi.jpg

「石のかたち−冬のパヴィア2004〜2010ー」高橋正晴

 作品は公園を散策する人々が、ギョッとして足を止める。
 かつて生活したイタリアの街の僧院で見た僧侶達の祈りの姿は、震災にあった東北の故郷の人々の心の祈りに重なると作者は語っています。




posted by EIKO at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | アトリエ歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月06日

あつぎ素敵美術館inぼうさいの丘 1

クリックで写真は大きくなります

12月7日

公園に彫刻のある街にしよう!
「あつぎ素敵美術館をつくる会」が市の行政、市民の恊働事業に名乗りを上げてから、とにかくがんばって実現した事業です。諸障害を乗り越え乗り越え実現した驚愕の事業です。

中心になっているhijimonさんをはじめ、仲間達の力で、厚木ぼうさいの丘公園は見事な彫刻のある公園になりました。「そんなこと出来っこないよ」事業の行方に消極的だった諸々を唸らせる成果だと思っています。

kanbann.jpg
 
市民の手でこんな美しい公園に成ったことが誇りです!

P1060435-(1024x768).jpg

完成して記念撮影をする会のメンバー!

suika.jpg

まずは高嶋文彦の作品。『スイカはいかが?』
スイカをテーマに何作も制作した高嶋。

P1060450-(1024x768)[1].jpg
スイカはいかが?

美しい秋の公園内に設置された彫刻達は、まるで公園完成時からそこにあったごとく自然で、時に風景の中にとけ込みます。そして時に凛とし、時に語りかけるがごとくに公園にやってくる市民と出会うのです。
公園の大きな遊具脇に設置されたた高嶋の作品『スイカはいかが?』

sato.jpg

「連」佐藤幸子
大理石はがいつまでも白い輝きを失わないよう、時々洗浄してあげたい、美しい作品です。
posted by EIKO at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | アトリエ歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月04日

season greeting season greeting 12月 season greeting

12月 
一年分のぶろぐさぼりを一気に挽回したい気分になっています。
まずはseason greeting

season-geeting.jpg

eikoのクリスマスリースです。
白く輝くのは畑ではじけた綿の実。
松ぼっくりは木の実のアクセサリーワークショップの残りです。
野バラの紅い実、センダンの実、ヘクソカズラの可愛い実、杉の葉 どれも畑や畑の脇で手に入る野辺の子役達です。クチナシの実、百日紅の実、ネズミモチの実も散歩で集めましたよ。
ミニリースづくりをして、ついでにお正月を迎える準備までする手際良いシニアたちとのワークソップはもうすぐです。

season-greeting2.jpg

松の小枝と水引きを添えると、正月を迎える飾りになるでしょう!
posted by EIKO at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | アトリエ歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。