2014年09月09日

友へ 館長eikoの夏

 クリックで写真は大きくなります。

懐かしいと遠い友からインターネット美術館経由で便りをいただいた。

過ぎた日々、逝ってしまった人たち、生きている者たちに継続する日々。
このブログを見てくださって元気で何よりといってくださる。うれしいです!

そうです。元気な夏でした。
今年も酷暑と言われていた期間を1400mの高原のアートフェスに参加して、長袖でたま〜にストーブに火をいれたりの夏でした!!(下界だって8月下旬は涼しい日々でしたが)

高嶋が信州のアトリエとして残していった小さな高原の小さな山荘をオープンギャラリーにして交流の夏。
高原に定住されている作家が中心になって役所の協賛も得て企画してくれるアートフェスです。

我が山荘の展示はeiko の糸造形とイラストレーターとしても童話作家としても活躍中の大野八生の作品の原画。友人2人の作品も加えて、寝室であるべき2階空間をエ〜イとギャラリーに!(勿論夜は寝室です)

gyara.jpg

gyara2.jpg

どうがんばっても、照明が意のままにならないのです。 が、まそれもよしです。
gyara3.jpg

hosaka.jpg

デザイナーのH邸のお庭ギャラリーのインスタレーション。

hosa2.jpg

テラスに可愛いコレクションを展示してくださるので,毎年楽しみです!

nonki.jpg

大阪のアーテイストN邸の今年のギャラリーパホーマンス。

nonki2.jpg

流木アートの躍動!

楽しみにしたJAZZ 祭の日は雨でした。屋外ステージは使えなくて,でもビールケースの仮設ステージもよし!
村から登ってきた物づくりの人たちとの交流バザールもよし!
はるばる中央道を走って訪問してくれた友人たちや,高原の夏の住人達とのほろ酔いの夕もよし。
村の夏祭りの打ち上げ花火を高原の展望台から見下ろすのもまたよし。

そんなこんなの夏です。

今 夏ボケから覚醒して、秋ライフを生き始めているeikoです。





posted by EIKO at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アトリエ歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。